【吾国山】カタクリと桜を楽しむ吾国山 [二巡り] (3月下旬~4月上旬)

プレビュー

ジオストーリー:秋の「紅葉と秋の味覚を楽しむ吾国山」と同じルートになりますので、ジオストーリーも同様に「親鸞に出会う」になります。
盆地の様子や里山の季節の違いを感じながら歩きましょう。秋に登ったときとは別の楽しみや発見が見つけられるはずです。

歩き方:福原駅から出発し、行きは吾国山愛宕山ハイキングコースを登り吾国山山頂(標高518m)をめざします。尾根道のためあまり露頭はありません。標高が上がるにつれ変化する植生の様子や紅葉を楽しみながら登ります。山頂付近ではブナ林やカタクリ群生地が見られます。
吾国山山頂では、鎮座している田上神社に参拝して、八郷盆地や栃木方面等の眺望を望みます。
帰りは、沢集落の方に下りてきます。沢沿いのルートのため、途中に変成岩類の露頭などを観察しながら歩きます。急な坂道となっていますので、滑らないように注意して歩きましょう。
沢集落を過ぎて平地に降りてくると、周辺の台地では花崗岩が見られます。風化して丸くなったコアストーンなどを眺めながら水田沿いを福原駅に向かいます。

時期:カタクリや桜の開花時期は、だいたい3月下旬~4月上旬ですが、年によって異なります。最新情報を地元自治体の情報やハイカーの活動日記などで確認してから出かけた方がよいでしょう。

周辺の楽しみ:これも秋の「紅葉と秋の味覚を楽しむ吾国山」と同様ですが、この時期は日没時間が秋に比べて1時間ほど長いので、トレッキングの後は少しゆっくりしたくなります。ゆっくりと笠間の自然・文化を感じ取れるところを探して訪れてみるのもよいでしょう。

モデルルート
特製フィールドノート

このルートの地図とジオの見どころの解説がついた記入式ノート。A5判。
税込価格¥330(送料別)

販売前

【活動日記】

カタクリと桜を楽しむ吾国山

2022年04月03日
ジオトレッキングのついでに、カタクリと桜を愛でに吾国山に登ってきました。桜は麓で、カタクリは山頂付近(少し早かったかも)

戻る: (0021) 常陸野Cジオトレッキング案内 > 常陸野C特選コース レポート