【小町山】関東平野の灯台 [十一巡り] (年中 ただし暑気・積雪期以外)

プレビュー
長さ: 10 minutes

ジオストーリー:今回のルートは、常陸野トレッキングコースの”十一巡り「関東平野の灯台」”です。この辺りは常陸野CコースのCの字の底辺部分にあたり、小町山や朝日峠まで登ると関東平野の雄大な風景を一望することができます。
ところで、このように平野に突き出た灯台のような地形はいつから存在していたのだろうか、そして過去はどのような風景を見せていたのだろうか。今回は、この山の成り立ちを探る旅です。

ジオトレインストラクター 荒川さんによる体験記


歩き方小町の館から出発し、「小町里山愛好会」のボランティアによりよく整備された沢沿いのルートを通って小町山(標高361m)に向かいます(小町山は地理院地図には載っていませんのでご注意ください)。途中に、この地域に広く分布している筑波変成岩類の露頭がいくつかあります。この山の成り立ちを理解しながら登りましょう。小町山頂上から朝日峠は、登り下りがある林間の登山道になります。
朝日峠で眺望を楽しみながら十分休憩を取った後は、小町伝説の跡を辿りながら小町の館まで下っていきます。

時期:季節を問わず年中登れますが、夏期の猛暑時期は避けたほうがよいでしょう。冬季の積雪はほとんどないため、眺望がよいため晩秋~早春の晴れた日がおすすめです。

周辺の楽しみ小町の館ではカフェやそば(そば打ち体験もあり)などが楽しめますが、営業時間が短いので、トレッキングと組み合わせると時間に合わないことがあります。また、周辺にはあまり地元の産物を楽しめるところはないので、このエリアを十分に楽しむためには、事前調査をよく行ってから登行の行程を組みましょう。

モデルルート
特製フィールドノート

このルートの地図とジオの見どころの解説がついた記入式ノート。A5判。税込価格¥330(送料別)


【活動日記】

戻る: (0021) 常陸野Cジオトレッキング案内 > 常陸野C特選コース レポート